痩身エステは最初は痛いことがあります。

その理由は凝り固まった脂肪組織に強いマッサージ刺激を与えてほぐすためです。

脂肪組織は時間の経過とともに固くなっていくものですが、長年放置し蓄積されていった脂肪組織をマッサージして壊すことで、脂肪組織が柔軟になり、痩せやすい体を作るのですから、ある程度の覚悟は必要なのです。

実際、私の友人には最初の1回目の施術をしてもらっている間に、「何度か意識が飛んでしまった」という人がいます。

それほどの激痛だったそうです。

「こんな思いするならやめてしまいたい」…と弱気になっていました。

でも施術してもらった後のお腹に触れてみると、以前はカチコチで石のようだった皮膚に柔らかみが帯びて、体の内側の血流もよくなっているのを実感したのです。

私の場合、そこまでの痛みはありませんでした。

痛かったのは初回と2回目で、多少の痛みはありましたが我慢できるほどでしたし、それ以降は痛みはほぼなくなりました。

だんだんと痩身エステのマッサージによってサイズダウンしていく自分のお腹周りを見ていると、「最初の痛みは必要だったんだな」と思えるようになっていきました。

友人の場合は特別だったのだと思います。

かなりセルライトがガチガチでむくみが酷かったようです。

その友人も回を重ねて「5回目ぐらいには痛みは無くなった」と言っています。

痩身エステが最初が山です。

それ以降は結果が伴って痩せる嬉しさも出てきますし、痛みも緩和されてきます。

それでもどうしても痛かったら、スタッフの方に声をかければよいかと思いますよ。

あとは、最初から機械が多い施術を選びましょう。

立川では、足痩せ専門のブリアント総合エステのミスパリ気エステティックイヴが、お試しではハンドが入らないことがあります。