立川の痩身エステ14社をお試し価格・コスパでランキング

痩身エステの注意点

痩身エステの注意点

家でもすることがある

家出すること

「痩身エステに行けば、寝ているだけで痩せられる」と考えていませんか?

痩身エステを受ければ、受けた分だけの効果は出ます。

ただ、エステを受けたからといって、食べ過ぎてしまっては効果が出にくいですし、生活習慣を変えなければ、辞めたら元に戻ってしまいます。

「エステに行ったけど効果が出なかった」という人は、自分に耳触りのいい言葉だけを聞いているのではないかと思います。

家でも、ちょっとした体操や食生活の見直しは必要です。

個人差がある

個人差がある

痩身エステサロンのビフォーアフターの写真を見ると、ちょっとテンションが上がりますよね。

写真を見て「私にもできるかもしれない」と思ってしまいます。

でも実際にエステをしてみると、「思ったほど痩せない」ということがあります。

「あの写真みたいに劇的な変化が欲しい」と思っていても、自分には劇的な変化が起きないということがあります。

それは、脂肪のつき方、太り方、体質などによって、同じ施術を受けても結果が違うからです。

つまり個人差があるのです。

痩身エステに行けば痩せられますが、期待しすぎないようにしましょう。

相応の金額がかかる

相応の金額がかかる

エステは相応の金額がかかります。

人件費もありますが、ビルの一室を借りるため家賃が数十万円かかりますし、機械は1台で数百万円かかります。

お店を清潔に保つための費用もかかります。エステサロンのイメージがありますから内装にも外観にも費用をかけます。広告宣伝費もかかります。

スマホには月額1万円ぐらいかかっていますので安くなれば嬉しいですが、スマホがないと生活できないので払い続けています。

それと同じように、エステサロンを運営していくためには、相応の費用が必要なのです。

「エステって、どうしてこんなに高いの?」と思われがちですが、実際にはこれだけの費用をかけていますので、適正価格ではあるのです。

個人店に行ってもそこまでの金額の差はありません。

逆に安すぎるところは注意です。効果が無い、接客が悪すぎるなど何らかのマイナスが隠れていることがあります。

痛いこともある

痛いこともある

痩身エステに行くと施術が痛いことがあります。

何を痛いと感じるのかというのは個人差がありますが、最初は、脂肪が硬いために皮膚がつってしまって痛いことが多いです。

特にそれまで何のケアもしてこなかったセルライトを揉みほぐそうとすると結構な痛みです。

ほぐされると柔らかくなってきて、痛みを感じることはなくなりますが、そうなるまでに時間がかかります。

キャビテーションの機械をお腹に当てただけでも痛痒いような感覚があります。

痛みなどについて言葉でケアをしてくれるかどうかも、痩身エステサロンをチェックするポイントになります。

PAGETOP
error: Content is protected !!